持続可能な社会へ

SDGsへの取り組み

持続可能な社会に向けて

SDGs

YOSAは人々の健康と美容に重点を置き、 SDGSに賛同し取り組んでまいります。

現代は人生100年時代と言われています。100歳まで健康で、美しく生き生きとした毎日を過ごすことが重要になり、持続可能な社会に必要な要素となります。YOSAは、以下に掲げる目標を中心に積極的にSDGsへ貢献していきます。

目標3「すべての人に健康と福祉を」

sdg logo 3
YOSAの主な商品は、低い傾向にある日本人の体温を免疫力、代謝力、美力などが得られる健康的体温までひきあげることを目的に作られています。一人でも多くの方に病気にならない人生を送ってほしいという願いがあります。

目標5「ジェンダー平等を実現しよう」

sdg logo 5
特に美容産業においては女性のきめ細やかな対応が求められます。YOSAビジネスは設立当初より、女性の潜在的な能力を引き出すチャンスを提供し、出産・育児への支援も行っています。

目標8「働きがいも経済成長も」

sdg logo 8
学歴や性別、年齢に関係なく、資格も要らず起業できるYOSAビジネスは、会員一人一人の可能性を広げるものであり、社会経済を支えています。

目標15「陸の豊かさも守ろう」

sdg logo 15
YOSAで使用するハーブは、国内外で生産される生薬をブレンドしてつくられています。主に山間部で栽培されるそれら植物の需要を高めることで、耕地の喪失を抑え、従事する人の生活を守っています。

海岸の清掃活動支援・海の美しさもサポート

sdg logo 14
2018年の夏、逗子海岸の美化運動を通して、環境保全や人々の安心、健康と美をサポートしています。また、海岸をきれいにすることは、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」にもつながっています。

ACTION

ビーチクリーンイメージ
ビーチクリーンイメージ

逗子海岸花火大会の運営ボランティア

様々な活動を通してサスティナブルな社会を実現します

2019年9月27日に開催された、第62回逗子海岸花火大会の運営ボランティア活動をサポートいたしました。イベント時にはゴミが発生します。海岸をきれいに保つためにはボランティアの力が必要です。

花火大会イメージ
花火大会イメージ
TOP